コスモス認証とは

コスモス認証

COSMOS (COSMetic Organic Standard 有機化粧品基準)は、オーガニックとナチュラル化粧品の世界基準です。
COSMOS Standard AISBL(2010年にベルギーで登記された国際非営利社団)の設立者である BDIH(ドイツ)、Cosmebio(フランス)、ECOCERT Greenlife SAS (フランス)、 ICEA(イタリア)、SOIL ASSOCIATION(イギリス)により、有機についての考え方や有機化粧品の本来の立ち位置を守りつつ、 これまで各々に定めていたナチュラル及びオーガニック化粧品の認証ルールを調和させ、その価値や影響力を高めていく為に設立されました。
コスモス基準の究極の目的は《持続可能な開発》を化粧品分野において可能とすることで、環境保護そして、自然由来および有機原料を使用した原材料の生産から 最終製品の流通を促進していくことです。

コスモス認証には2つのレベルあり、厳しい基準をクリアした製品のみ認証を取得することが可能です。

コスモス認証Q&A

コスモス認証はその他の認証と比較してどんな違いがありますか?
コスモスはオーガニック化粧品において最高レベルの基準で、少なくとも水やミネラルを含む完成品の20%はオーガニックである必要があります。
またサンフラワーオイルやペパーミントオイルのような特定の原料について、オーガニックの必要性がある原料をリスト提示した唯一の基準です。
一方でコスモス認証はオーガニック原料であるか否かの側面だけを考慮したものではなく、認証審査チームは化学的に処理された原料についても、 あるレベルの生分解性と水性毒性について考慮していることを保証しています。
環境保護はコスモス認証における最優先事項です。
どの様に認定証は発行されますか?認証機関は何をチェックするのですか?
認証機関は製品のライフサイクルから全てをチェックします。
原材料が自然由来であり、遺伝子組み換え原料に由来していないことおよび各処方に使用された有機原料を確認します。
包装資材に再利用可能な材料をが使用されているか審査します。
認証製品について企業から伝達された情報が真実であり、消費者に誤解を生まないものであることを審査し、保証します。
また各認定事業者は年1回また製造者は年2回の監査を受け、製造状況が基準を順守していることが確認されます。
コスモス認証を受けた製品にはどのような種類の原料が使用されていますか?
コスモス基準では自然由来原料のみ使用が許可されています。
環境や消費者の安全を軽視した工程を避けるために、慎重にこれらの原料の製造工程を選択しています。
しかしながらオーガニック製品を正しく保存することを可能にするために、コスモスは5つの合成保存料の使用を許可しています。
コスモス認証製品のラベルに記載されている情報を信頼することはできますか?
はい:印刷前に全てのラベル、箱、その他の書類は、認定機関により情報が正確に提出されたか確認されます。

Copyright © 2014 MERRY DO BEAUTY PRODUCTS CO., LTD. All rights reserved.